カテゴリー別アーカイブ: 展示会

【新館ギャラリー】朱音聖子・観覚流画(かんかくるが)展


会期:2017年5月3日(水)~6月5日(月)
会場:久保田一竹美術館 新館ギャラリースペース
料金:美術館入館料
時間:9:30~17:30(最終入館17:00)
休館日:毎週火曜日

“観覚流画(かんかくるが)”。 画家・朱音 聖子(あかね しょうこ)さんが描く、森羅万象、愛、光、調和、命、心をテーマにした作品を表現する言葉です。
透明感のある柔らかな色彩となめらかな描線は、麻の紙に、顔彩(顔料に水性固定剤を練り混ぜた
日本画で多く使われる絵具)を使って生み出されています。
朱音さんの目を通して見る世界の美しさをご堪能ください。

kannon

love letter

 

 

 

 

 

 

 

 

【朱音聖子(あかねしょうこ)】

画家。観覚流画(かんかくるが)。
愛知県長久手市在住。
森羅万象、愛、光、調和、命、心をテーマに制作。
愛知県立愛知工業高校デザイン科卒業後、グラフィックデザイナーを経てイラストレーターとなる。
30歳から8年間デザイン専門学校の非常勤講師として勤務。
多忙な日々に35歳で体調を崩し、それまでの生き方や自分の心を見つめるため、
精神世界を学び始める。
自分のために描いた観音様をきっかけに、それまでの広告イラストの世界から、森羅万象や癒し、
スピリチュアルを意識した絵を描くことが自分の命の仕事と見出す。
現在も自分を見つめ学びながら、画家として愛と喜びと命の輝きを描く日々。

カテゴリー: イベント, 展示会, 美術館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

【新館ギャラリー】naomaria・着物コラージュアート展


会期:2017年3月29日(水)~4月24日(月)
会場:久保田一竹美術館 新館ギャラリースペース
料金:美術館入館料
時間: 3月31日まで…10:00~16:30 (最終入館16:00)
4月1日から…9:30~17:30(最終入館17:00)
休館日:毎週火曜日
在廊日:3/29(水)11:00-15:00/4/15(土)14:00-17:30
4/16(日)11:00-15:00/4/24(月)14:00-17:30

着物コラージュアーティスト・naomaria(なおまりあ)さんの作品展です。
naomariaさんはプリザーブドフラワーアレンジメント講師・作家として活動する中で、作品にちりめんを用いたことをきっかけに、着物生地を使ったコラージュ作品を手掛けるようになりました。
ひとつの作品は、プリザーブドフラワーで使われる手法からヒントを得て独自に編み出した手の爪程のパーツを使い、何百何千という色・柄の組み合わせを経て生み出されています。
作品作りはエコ・アートの取り組みでもあります。一本の糸から着物が仕立て上がるまでの道のりや着物を愛し大切に受け継いできた人々の想いに敬意と感謝を抱き、素材とする着物生地は、しまい込まれていたものやリサイクル品などを使用しています。

“世界中の誰もが楽しめる着物”です。ぜひご覧ください。

「History Ⅰ」

「Dorje」

「Ideal」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[naomaria(なおまりあ)]
ロックのような強さと女性らしい甘さを兼ね備えた着物を使用したコラージュアート作品を手がける。昔ながらのレトロ着物生地をもとに、ビーズやアクセサリーで作品を作っており、独自の感性を存分に発揮したモノは見る者を魅了する。2012年には、フラワーデザインアーティストとして、豊橋市内のカフェで自身の作品展も行う。2015年から本格的に着物コラージュアーティストとして始動。同年春には、愛知県岡崎市や千葉県八街市にて開催されたアートグループ展に出展。2016年5月、着物コラージュアーティストとして初の個展を東京都目黒区内で開催。
公式HP http://naomaria.com/

カテゴリー: イベント, 展示会 | コメントは受け付けていません。

【一竹辻が花 in 京王プラザホテル(新宿)】


会期:2017年3月28日(火)~4月30日(日)
会場:京王プラザホテル(新宿) 3階アートロビー
※フロントがあるロビーフロアでの展示です
入場料:無料
展示作品数:6点(予定)

一竹がこよなく愛し、ライフワークとして制作し続けた”富士山”をメインに、小規模ながら見ごたえのある一竹辻が花作品をご紹介いたします。
ご宿泊の方はもちろん、新宿を経由して美術館へご来館のお客様もぜひお立ち寄りください。

京王プラザホテル公式HP
http://www.keioplaza.co.jp/

幻の染物「一竹辻が花」についてのお話を聞く午餐会
http://www.keioplaza.co.jp/event/gosankai_170425

カテゴリー: イベント, 展示会, 美術館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

あい工房・小さな伝統衣裳展


会期:2016年10月9日(日)~12月5日(月)
会場:久保田一竹美術館 新館ギャラリースペース
料金:美術館入館料
時間: 11月30日まで…9:30~17:30(最終入館17:00)
12月1日から…10:00~16:30 (最終入館16:00)
休館日:会期中の休館日なし
在廊日:11月2日(水)13:00~17:30

「あい工房」による1/5、1/7スケールのミニ着物作品と螺鈿額装作品を展示。
「あい工房」は、房主・平田良和氏が日本屈指の金彩友禅作家・和田光正創作スタッフとして20年にわたり金彩の技術と研究開発に取り組んだ後、 伝統ある着物の文化を一般の方により身近に感じてもらうため設立されました。
これまでの経験を生かしつつ遊び心も忘れない、ユニークな作品群をお楽しみください。

※一竹辻が花作品ではありません。

カテゴリー: イベント, 展示会 | コメントは受け付けていません。

押し花絵作家・水口栄子作品展


会期:2016年8月31日(水)~9月26日(月)
会場:久保田一竹美術館 新館ギャラリースペース
時間:9:30~17:30(最終入館17:00)
料金:美術館入館料
作家在廊日:8/31、9/3・4・17・18・19・24・25

押し花絵作家・水口栄子(みなくち えいこ)さんによる、押し花を使って描かれた風景画の作品展です。日々の暮らしの中にある身近な野の花などを使う押し花絵。
水口さんの押し花は、それぞれの花の特性に合わせ、その花がもっとも生きるよう1つ1つ違った方法で丁寧に作られています。額の中でひとつになった作品は、その瞬間の美しさはもちろん、時を経て色が自然に変化していく 様子を楽しめるのも大きな魅力です。

忍野富士(2013)

飛翔(釧路湿原)(2014)

春(2012)

カテゴリー: イベント, 展示会 | コメントは受け付けていません。

画家・堀川進「富士山展」


会期:2016年7月27日(水)~8月28日(日)
会場:久保田一竹美術館 新館ギャラリースペース
料金:美術館入館料
時間: 9:30~17:30(最終入館17:00)
休館日:火曜日

幼い頃、御坂峠を下りた先に広がる河口湖越しの勇壮な富士の姿に魅せられ、富士山を描き続けて50年となる画家・堀川進(ほりかわ すすむ)さんの展覧会です。
水彩、アクリル、色鉛筆、油絵…と様々な手法を試すうち、1987年にソフトパステルの技法に出会います。以来30年、パステルでの表現の可能性を追求し、独特の柔らかな色彩による四季折々の富士山を描いています。
富士への慈愛のまなざしが捉える、豊かな表情をぜひご堪能下さい。

 

カテゴリー: イベント, 展示会 | コメントは受け付けていません。

デザイン書道作家・鈴木愛作品展


会期:2016年3月23日(水)~2016年5月9日(月)
会場:久保田一竹美術館
時間:3月31日まで 10:00-16:30/ 4月1日から 9:30-17:30 ※美術館開館時間に同じ
料金:美術館入館料

デザイン書道作家/商業書道家としてご活躍されている鈴木愛さんの作品展です。
企業や個人の看板や商品ラベル、ロゴや年賀状等の揮毫で採用された作品は1200点にのぼり、書道とも絵画とも言える、色彩豊かな書道作品は多くの方を魅了しています。

このたびは新館の壁面から本館展示室まで、美術館全体を使って久保田一竹とのアートコラボをお楽しみいただきます。ぜひご来館ください。

鈴木愛公式ホームページ http://www.suzukiai.com/

 

カテゴリー: イベント, 展示会, 美術館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

【一竹辻が花 in フランス】


 

 

 

 

 

 

 

会期:2015年4月15日~
会場:フランス(パリ)・ギメ東洋美術館

パリのギメ東洋美術館にて一竹辻が花作品14点が展示されます。
連作「光響」より”宇宙”、富士山作品シリーズと、一竹の2大ライフワークをご覧いただけます。
どちらも大きさ、色遣いなど芸術作品として際立った作品群です。
一竹が生涯を捧げた作品を、ひとりでも多くの方にご紹介できましたら嬉しく思います。

カテゴリー: 展示会, 美術館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

【一竹辻が花 in オランダ】


 

 

 

 

 

 

終了いたしました。
「一竹辻が花」展

会期:2015年3月6日~5月31日
会場:オランダ(ライデン市)シーボルトハウス
公式サイトURL  http://www.sieboldhuis.org/jp/tentoonstellingen/detail/kubota

現在、久保田一竹の作品展をオランダのシーボルトハウスにて開催しております。
16点と小規模ではありますが、そのほとんどが海外初出展となる貴重な展示です。
ご旅行予定の方、お近くの方など、ぜひお寄りくださいませ。

 

カテゴリー: 展示会, 美術館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

宝塚歌劇100年展にて当館の着物作品をご覧いただけます



3月8日から全国4箇所を巡回する、宝塚歌劇の100年の歴史を振り返る展覧会
「宝塚歌劇100周年記念 宝塚歌劇100年展-夢、かがやきつづけて-」
にて当館の着物作品が展示されます。
桜襲(おうしゅう)・桜水鏡(さくらみずかがみ)・垂れ桜姫(しだれさくらひめ)・
流桜花(りゅうおうか)の4部作は、2007年星組公演「宝塚舞踏詩 さくら」の
舞台衣装として制作された、鮮やかな色づかいと華やかなデザインが印象的な作品です。
※会場によって全ての作品が展示されないこともございますのでご了承ください。

【松坂屋美術館】2014年3月8日~4月6日
【博多阪急 催事場】2014年7月9日~22日
【兵庫県立美術館 展示室】2014年8月5日~9月28日
【東京国際フォーラム 展示室】2014年12月16日~28日

 

カテゴリー: イベント, 展示会, 美術館からのお知らせ | コメントは受け付けていません。